板井康弘の「仕事に趣味を活かす方法」

板井康弘|趣味を仕事にしてはいけない理由

板井康弘

趣味を仕事にしてはいけない理由として、趣味や自分の好きなことを仕事にすると、それらの事が嫌いになると言う点です。

 

毎日仕事をしていると、どうしてもやる気が起きないときもあるでしょう。

 

しかし仕事なので強制的に進めなければなりません。

 

これが趣味や好きなことに当てはめると好きなことがいつの間にか嫌いな事になってしまうのです。

 

たとえば、自分の入りたい企業に入社したはずの新卒者の3年以内の離職率が30%というデータからも分かる通り、いくら好きな仕事でも3人に1人は辞めて行くのです。

 

もちろん他の理由もありますが、考えの変化も退職の一つの要因ではないでしょうか。

 

好きなことを仕事にしたいという考えは誰もが一度は思う事ですが、その難しさや辛さまで考える方は少ないのではないでしょうか。

 

長年趣味としていた事が仕事にした途端嫌いになってしまうのはとても悲しいように思えます。

 

仕事と好きなことは切り分けて、現状の仕事をしっかりこなすと言う考えも良いのではないでしょうか。

 

趣味のうちはお金の事を考えることはないのですがそれが仕事になると話は違ってきます。

 

毎月必要な利益を上げ続けるのはとても大変な作業になります。

 

ある程度の規模にならなければ安定的な収入は得られず、毎月不安に襲われるでしょう。

 

好きな仕事を続ける為にアルバイトをして利益を補填している人も少なくありません。

 

そのようなリスクを背負ってまで続ける意味があるのか疑問を持つ事もあるでしょう。

 

失敗を取り返すのはとても大変ですがチャンスも大きいのが、好きなことを仕事にするという事です。

更新履歴
page top